アメリカ仕込み!ビッグマザー・マーサのボードゲーム会に行きました

所長です。

当たり前ですが、所長が拠点とする多治見には、まいたーん!以前からボードゲームのサークルが存在しております。

その一つが、多治見市養生公民館様を拠点とする

マーサさんのボードゲーム会です。

マーサさんはアメリカ生まれで、20年以上前に日本に来たとのこと。レインボー🌈にカラーリングされたショートヘアが素敵です。

マーサのボードゲーム会は、マーサさんの昔からのお友達や趣味の仲間たちと開催されており、まいたーん!のようなオープン会とはちょっと違うイメージです。

彼女はトリックテイキング….カードを使ったゲームが好きとのことですが、チケットトゥライドなどボードを使ったゲームも大好き。

所長は縁があって仲間に入れていただき、遊ばせてもらいました。

アメリカで仕入れたと思しきゲームなどをプレイしました。

その一つがこの写真のメキシカントレインというゲームです。古くからあるゲームらしく、ルール的にも洗練されていますが、かなりの重ゲーです😁

他にもいろいろありましたが、ここでは割愛します。

海外の方とゲームをプレイする機会は、スプラトゥーンやマリオカートであれば日時茶飯事ですが….ボードゲームではあまり経験がありません。印象的だったのは感覚系ゲームでの感覚の違いですかね。

日本のゲームで遊ぶこともあり、写真の【はぁって言うゲーム】は、参加者が持参したものです。同じ言葉をいろんなシチュエーションで演技する感覚ゲーム。

アメリカ人のはぁ、と、日本人のはぁ、ではやっぱり違うみたいです笑

仕草や、口調がやはり日本人の感覚とは違いました。

移住から20年経ってもやはり違うところはあるってことです。小さいときに身につけた感覚って、そんじゃそこらじゃ変わらないんですね。

これは一つの事例ですが、本当に興味深い。

もともと好奇心が強い所長は、ステレオタイプの人間よりもこういう変わった人が大好きで、もっと彼女の知っている伝統的な年配のアメリカ人しか知らないようなゲームを知りたいなと思いました。

女性が多い会なので、途中でお菓子タイムがあったり、参加者の方がプリンを焼いてきてくれたりして、ほんとうに雰囲気がよかったです。

いつか!

ちょっと一見様が足を運べる会ではないのが残念ですが、いつかマーサさんにまいたーん!にゲストとしてお呼びしたいと思います。