初夏は小牧でボードゲーム!はつボドさんに初参加いたしました

所長です。

最近ちょっと忙しすぎますね。

小牧でボードゲーム!

さて、今日は6/2に参加させていただきました小牧のはつボドさんについて!

会場は小牧市ふらっとみなみという綺麗な公民館!

開始は13時15分からで、所長が到着した時にはすでに何人かのお客さんが遊んでいらっしゃいました。

主催のうりおさんは、物腰の柔らかい方で初対面の所長もリラックスして会に望むことができました。

特に時間で卓を割ったりすることなく、参加者がめいめいにゲームを持ってきて楽しむというスタイルのようでした。

写真に収めることができたゲームについて、いくつか紹介しますね。

ラマ

まずはラマというゲームでして、これは2019年ドイツ年間ボードゲーム大賞にノミネートされているトリックテイキング(小さな勝負の繰り返しで得点を累積させていくタイプのカードゲーム)です。

ルールは簡単で、理解に必要な時間は1分。

お手軽に遊べる良いゲームだと感じました。カラフルなカードがステキ。

ソクラテスラ

和製ゲーム ソクラテスラ も初プレイしました。ノーマル版(赤)は合体させた偉人をポイント化してバトルするという和製ゲームにありがちなポイントバトルルールです。

拡張版(青)は、合体させた偉人を比較して、上司にしたいのはどの偉人?みたいに大喜利として遊ぶゲーム性になっています。

ぶっちゃけ、ノーマル版より拡張の大喜利の方が面白いです。

好みにもよるかな? ノーマル版は人を選ぶかも。

ゴーゲッコゴー

所長がその見た目に惹かれたのは、GO GECKO GOというゲームです。

このゲームはサイコロ🎲で進んでいくんですが、カエルや虫たちを無事に河下に移動させるという地味なテーマ。なんですが、途中にハードルがあってそれをうまく潜って行かなくてはならないところが面白いと感じました。

子供でも遊べますが、特殊な出目のルールを覚える必要はあります。

見た目が楽しそうで、実際に楽しいゲームでした。

これは欲しいですね。

ぎゅうぎゅうゴースト

紙コップと紐だけで作られたぎゅうぎゅうゴーストは絶妙なバランスで思わずアツくなってしまう良ゲーです。

ちょうどカップがなくなりそうな頃合いに倒れるようなゲーム性が見事だなと思いました。紙コップの材質がこのゲームに向いています。触って感じて欲しいですね。まいたーん!に来てください笑 遊びましょう。

時代劇3600秒

時代劇3600秒も、初めて遊ばせていただきました。

時代劇の主役たちを持ち札にし、敵を倒しながら視聴率を稼ぐというカードゲーム。強い敵ほど視聴率が上がるが勝ちにくい。しかも負けると主役たちがあっさり死ぬ…..

3人いる主役たちが全員死ぬこともあり、その場合は番組が途中で終了。放送事故となります。

所長は最後に残った遠山の金さんでラスボス天草四郎に挑むも、倒せず主人公が全員討ち死にであえなくバッドエンド。視聴率も12パーセントと奮わず、無念のフィニッシュとなりました。

時代劇のテレビ放送を作っていくという面白い着眼点のゲームだなと思いました。ロングヒットもうなずけます。

ゲームのお写真公開

他にもいくつか遊ばせてもらえましたが、長くなったのでお写真だけ….

そんな感じで、楽しく遊ぶことができました。うりおさんはじめ、遊んでくださった皆さま、ありがとうございました。

今後とも宜しくお願いします!