9/16は多治見市まなびパーク!三連休最後の一日をボードゲームで過ごそう

多治見市でのまいたーん!は、9/16 13時〜17時半で開催します!

下記、ホームページに詳細があります。

ボードゲームフェスタまいたーん!公式ウェブサイト

さて、開催1週間前ということで、告知記事。

改めて、まいたーん!の概要を説明します。

どんな人たちが来るの?

小学1年生以上というのが、唯一の規定です。プレイヤーの年齢幅は満遍なく来ます。おじいちゃんおばあちゃん世代から、若者、小学生まで。ファミリーが若干多いかな?

でも、ほとんどの方はドイツゲームが初めてという方が多いですね。でもルールはインストラクターが教えてくれるので、大丈夫ですよ!

ベテランと言われる方々が来ていただいた時には、インストラクターとして活躍される機会が多いと思います。

尚、多治見のタイルを使った2人用対戦ゲーム「モザイク」を作った大沼博紀さんはほぼレギュラーインストラクターとなっております。

どんなゲームが回るの?

ゲームが回るという表現自体がボードゲーム用語かも知れませんが….笑

まいたーん!では、いろんな人達と交流できるようにするため、1時間1ターンというターン制を採用しています。

インストラクターの方が上手いこと1時間で終われるように調整してくれるので、とても助かっています。

なので、回るゲームは基本的に1時間で終われるような内容のものになります。

専門的な用語を使うと軽量、中量と呼ばれるものです。

人気ゲームってあるの?

まいたーん!で、よく遊ばれていてアンケート結果もよいゲームはいくつかあります。それだけで、記事が書けますね。

アンケート人気なのはダウンフォース、セレスティア、ピクトマニア、ディクシット、エルドラドあたりです。(知らない方はごめんなさい。是非遊びに来てね)

どれも中量級と呼ばれる30分から1時間くらいで完結するものばかりですね。

軽いゲームは時間が余った時の箸休めとしてプレイされます。

ボードゲームフェスタまいたーん!って何者?

イベントやボードゲームが好きな人達が集まってワイワイお祭り騒ぎのようなムーヴメントを作りたい!と立ち上がりました笑

この記事を書いている所長は、小学生の時にすごい田舎に住んでいて、テレビゲームも立派なオモチャもなーんにもない家で育ったので、自分で紙とペンでゲームを作って1人で遊んでいました。(そのため、ボードゲームデザイナーに対する敬意は抑えられないですね)

誤解なきよう申し上げますが、いじめられっ子とかそういうことではなく、単に人口が少なすぎて同年代の子がいなかったんです笑。

きっとその時に、こんな会があったらいいなーっていう潜在意識があって、それが具体化した可能性があります。確かなことはわかりません。

ボードゲームって人生ゲームとか?

これ、よく言われるフレーズなんですが、もちろん人生ゲームはボードゲームです。しかし、まいたーん!が扱っているのは、主にドイツゲームと呼ばれるヨーロッパの作品がメインです。

大型量販店や近所のイオンでは取り扱っていないと思いますので、目にする機会は少ないかも知れませんが、Amazonなどでは簡単に買えます。

洗練されたデザインや美しいアートワークは、ヨーロッパ人の遊ぶことに対するこだわり、感覚の賜物だと所長は思います。

9/16オータムガーデン開催!

9/16のまいたーん!は、まなびパークで今年行われる最後の回になります。

また来年もやっていくのですが、2019年としては最後です。今年は総計6回やらせていただきました。

毎回すごく熱気のある空間になっています。

もし、気になってる方がいたら、一度遊びに来てください。大人500円、子供300円。親子ペアなら2人で500円です。

いっぱいになってしまったら入場をお断りする可能性がありますので、予約を推奨しています。実際、前回の笠原中央公民館でそういう事態になりましたから…….

他にも質問とかありましたら、是非まいたーん!に連絡ください。コメント欄に書いてもらっても結構です。

それでは、宜しくお願いします!